金持ち母さんになりたい!

以前読んで大変面白かった「金持ち父さん 貧乏父さん」シリーズで、投資ガイドがあったので、今後の参考になるかと思い読んでみました。

予想をはるかに上回って面白く、ただの株式投資の参考にしようと思っていた私が恥ずかしいくらいでした。前段のところは、早く結論を教えてよ!とちょっとくどい面はありますが…。投資は何のためにするのか?どこにたどり着きたいのか?それにはどういった手段を取るべきなのか?を考えさせられる本です。子供にもぜひ読ませたい良書。

————————————————-

金持ち父さんの投資ガイド 入門編

投資力をつける16のレッスン

ロバート・キヨサキ

2002年

————————————————–

読んだだけでなく、アクションを起こさなければ意味がない点

  • 金持ちになる「プラン」を立てる → ファイナンシャルプランナーなどに相談して、紙に書いたものを用意する。その際に、以下の2つのパターンを用意する。
    1. 安心版:一生お金のことを心配しなくても良いファイナンシャルプラン
    2. 快適版:さらに、快適さをプラスした場合のファイナンシャルプラン(海外旅行に年に一度は行きたい、とか。人生に何を求めているかをはっきりさせる作業)
  • お金に関する言葉・語彙を増やす(ファインシャルリテラシーを高める)
  • 個人の財務諸表を作る

資産と負債について

財務諸表を見るときに、資産が本当に資産なのかをよく検証する必要がある、と書かれています。不動産や株式は、一見資産のように見えますが、それが支出を生み出してしまっていることがあるので、注意が必要です。財務諸表を見るときは、必ず、B/L(Balance Sheet・貸借対照表)とP/L(Profit and Loss・損益計算書)を組み合わせてお金の流れを見ること!

持ち家は資産なのか?

→答えはNoである場合が多い(負債である)。

キャッシュフローを見ると、ローン返済、固定資産支払い、光熱費など、マイナスの支出が多い。家賃収入などがあり、収入が支出を上回っている場合は、資産として計上できるが、下回っている場合は負債と認識すべき。いずれ不動産を売却して出る利益は未来のもので、現時点では計上できない。

その他重要キーワード

  • お金=考え方次第。お金のために働かず、資産を作り出すために働くことが重要。
  • 間違いを恐れず、失敗から学ぶことが必要。
  • TrashをCashに変える。多くの人はCashでTrashを買っている。90対10の法則。
  • ロバートキヨサキ氏が作った「キャッシュフロー101」というゲームが面白そう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする